助産師外来のようす

諏訪中央病院の院内助産所

当院は1998年に地域からの要望もあり、小児産婦人科病棟を開設し年間約250件の分娩を支えてきました。しかし2018年から産婦人科医の減員により分娩制限を余儀なくされました。
地域の中核病院として、お産をなくしたくないという思いと、これまで続けてきた妊娠・出産・育児に対する支援を途切れさせたくないという思いから、2020年1月より助産師を中心に『院内にある助産所』としてお産を継続していくことになりました。

院内助産所の流れ

正常経過をたどるローリスクの妊娠・分娩を、助産師の責任のもとケアしていきます。
対象となる妊婦さんの目安
 ・妊娠経過が正常である方
 ・双子の妊娠でない方
 ・帝王切開の既往がない方
当院受診後、助産師・外来担当医師で相談し、当院助産所で出産できるか判断させていただきます。

安心で自然なお産を
サポート

■分娩予約
 電話での分娩予約はできませんので、外来受診をしていただく必要があります。
 妊娠12~16週程度までに産婦人科の受診をしていただきます。医師による診察、
 院内助産についての説明をさせていただきます。
 紹介状をお持ちの方は、予約センターにて産婦人科外来受診予約をお願いします
■妊婦検診
 助産師、外来担当医師それぞれに健診をおこないます。
■管理栄養士、鍼灸スタッフ、理学療法士など、多職種チームでのサポートを行っています。
 栄養相談・冷えや逆子・腰痛など、総合病院ならではの専門職によるケアを受けていただけます。
■お産に向けての両親学級も開催しています(全3回)。
◇妊娠中のサポートについて詳しくはこちらをご覧ください。

お産後のサポート
産後ケアについて

〇当院でお産されていない方もご利用いただけます〇
退院後、お母さんと赤ちゃんの新しい生活が始まります。かわいい赤ちゃんとの楽しい生活の中でも、 身体の変化によるストレスや睡眠不足、育児への不安、生活リズムの変化など、心身ともにストレスが かかっている場合もあります。そんなお母さんにご利用いただけるサポートをご用意しています。
 ◇産後ケア
 ◇母乳育児外来
 ◇ひよこっこクラブ
それぞれの詳細はこちらのページをご覧ください。

Q&A

Q1.里帰り出産はできますか?
回答内容

妊娠16週までに、当院産婦人科を受診してください。

Q2.夜間や休日の受診はどうしたらいいでしょう
回答内容

当院産婦人科病棟助産師まで連絡をしていただき、ご相談いたします。

Q3.お産は家族の立ち合いはできますか?
回答内容

もちろんできます。ご本人が望まれる方の立ち合いが可能です。

Q4.そちらでお産を考えていますが、よくわからなくて悩んでいます…
回答内容

産婦人科外来までお気軽にお越しください。助産師よりご説明させていただきます。

Q5.入院中、家族の付き添いはできますか?
回答内容

ご本人の休息を大事にしながらですが、状況によって可能です。ご相談ください。