腹腔鏡手術のようす

一般的になった腹腔鏡手術。

当院でも積極的に行っていますが、改めて腹腔鏡とはどのようなものなのかご紹介します。

腹腔鏡とは?

腹腔鏡手術は、多くの施設で実施されるようになり一般的になってきました。
「手術」と聞くと、お腹を大きく開くイメージですが、腹腔鏡手術は、お腹に5~6か所、5mm~10mm前後の穴をあけ、内部を映すカメラや、鉗子などを挿入し、映像を見ながらメスなどを操作して進める手術のことを言います。当院でもがんの腹腔鏡手術を含めて積極的におこなっています。

当院で行っている
腹腔鏡手術

  • 胆嚢炎
  • 虫垂炎
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • その他

腹腔鏡手術の特徴

  • 傷が小さく、目立ちにくい
  • 治りが早い
  • 癒着しにくい
  • 入院期間が短い
  • 社会復帰が早い
下肢静脈瘤の発生

手術は体にとって負担の大きい治療です。その負担をなるべく少なくするよう、手術法や麻酔が進歩してきました。
大きな傷を避けるため、小さな傷からお腹の中にカメラを入れて手術する腹腔鏡もその一つです。
例えば大腸の手術の場合、臍の所に4センチほどの傷と、周りに1センチほどの傷を4箇所つけて手術をします。
ひとつひとつの傷が小さいので、大きな開腹と比べて術後の痛みが比較的少ないと言われています。
また、軽度の胆のう炎や虫垂炎の手術では、臍の1か所の傷で手術をする「単孔式腹腔鏡手術」も広まってきています。

治療の流れ

胆のう摘出術の例
1 日目

手術前日に入院します。事前に主治医や麻酔科医、看護師から手術や術後の説明があります。

2 日目

手術当日です。手術時間は平均で3~4時間です。

3 日目

安定していれば歩行やシャワーも可能です。食事も昼食から普通食になります。

4.5 日目

回復を確認しながら4日目に退院となることもあります。

費用は?

3割負担
胆のう摘出術

150,000

3割負担
S状結腸切除術

300,000

※概算のため、診療・手術内容により金額は増減します。
※治療費は高額療養費制度を利用して負担を軽減できる場合があります。

実績

  • 2017年度 133
  • 2018年度 119

医師紹介

─腹腔鏡手術 実施医─
濵口 實

濵口 實

はまぐち みのる

保健医療福祉管理者
昭和50年 信州大学卒
専門領域:消化器外科 乳腺外科 一般外科

昭和50年聖マリアンナ医大第一外科入局、昭和60年コンシャン病院(パリ)留学、平成4年当院赴任。

小林 義典

小林 義典

こばやし よしふみ

外科部長
昭和62年 京都府立医科大学卒
専門領域:消化器外科 肛門外科 肝胆膵外科

昭和62年京都府立医大第2外科入局 平成20年当院赴任。

高安 甲平

高安 甲平

たかやす こうへい

外科医長
平成14年 杏林大学卒
専門領域:胃・大腸疾患、腹腔鏡手術、上下部内視鏡

平成14年杏林大学医学部消化器外科に入局。その後東京厚生年金病院、聖母病院での勤務を経て、平成21年より杏林大学病院消化器一般外科にて勤務。 平成29年4月より現職。

上原 悠也

上原 悠也

うえはら ゆうや

外科医長
平成17年 聖マリアンナ医科大学卒
専門領域:消化器外科

聖マリアンナ医科大学病院にて臨床研修。同病院にて勤務。 平成28年4月より現職。

Q&A

Q1.手術後の痛みはありますか?
回答内容

開腹手術より傷が小さいため、痛みは軽度です。術後は鎮痛剤を使用しますが、痛みは個人差があります。病棟の看護師が適切に対応しますので、ご安心ください。

Q2.入院期間はどのくらいですか?
回答内容

入院期間は術式によって変わります。胆嚢では4日程度ですが、胃や大腸では10日程です。