下肢静脈瘤治療のようす

身体への負担が少ない治療方法を実現

諏訪中央病院では、高周波(ラジオ波)による身体に負担の少ない下肢静脈瘤の治療が可能です。ラジオ波治療は日本では2014年にようやく保険適用となった治療法ですが、アメリカでは血管内治療の約4割を占めるほど一般的な治療法です。

下肢静脈瘤って
どんな症状?

  • 脚の血管がボコボコとふくらんでいる
  • 足がむくんでつらい
  • 寝ている時にこむら返りがおこる
  • 痛み、重だるさがある
  • 皮膚が黒ずんでいる

下肢静脈瘤の原因とは…

妊娠・出産、長時間の立ち仕事などにより静脈にある逆流防止弁が壊れてしまうことがあります。逆流防止弁が壊れると、重力に逆らって血液を心臓に送り返すことができなくなり、下方に血液が溜まってしまいます。すると静脈の内圧が高まって、血管が浮き出るなど、上記のようなさまざまな症状が出てしまうのです。

下肢静脈瘤の発生

諏訪中央病院の
高周波(ラジオ波)による
身体に負担の少ない
下肢静脈瘤の
治療とは

ラジオ波治療は日本では2014年にようやく保険適用となった治療法ですが、アメリカでは血管内治療の約4割を占めるほど一般的な治療法です。
熱を発生させる高周波カテーテルを静脈内に挿入し、先端に近い部分を120℃に加熱。静脈を閉塞させる方法です。
手術時間も短く、痛みや皮下出血の合併症が少ないなどの利点があり、従来行われていた方法に比べると身体への負担が少ない治療法と言えます。

治療の流れ

─外来診察日: 火曜日午前─
1 ご予約

下肢静脈瘤は原則予約制での診療となります。
ご予約は当院予約センターまでお電話でお願いします。
0266-72-1000
治療の流れについては矢印をクリックしてご覧ください。

2 初診・検査

問診・視触診により静脈瘤の分布・程度、皮膚の変化をみてから、外来超音波(エコー)検査をします。さらに詳しく、検査室のエコーで静脈の太さや、逆流の有無や程度を調べます。
3D-CT検査を行い、静脈瘤の状態を視覚的に捉えて、治療方針の選定や患者さんへの説明に利用することもあります。
3D_CT

3 診察(2回目)

検査や診察の結果から治療方法を決定し、手術日などを確定します。
当院は、下肢静脈瘤血管内焼灼術の実施施設の認定を受け、2名の実施資格をもつ医師により治療を行っています。

4 入院

手術当日の朝に入院です。

5 手術

手術はおよそ1時間です。当院では、手術時の麻酔も局所麻酔と静脈麻酔による全身麻酔の併用で、痛みのない手術を行い、手術後も安心して過ごしていただけるよう原則1晩は入院して、経過観察させていただいています。

6 検査

翌朝、エコー検査で術後のチェックを行います。

7 退院

自動車の運転も可能です。

費用は?

下肢静脈瘤の治療はすべて保健適用となります。

1割負担
入院治療費

25,000

3割負担
入院治療費

80,000

※一般的な生命保険の手術給付金が支給される場合もあります。
詳しくは保険会社までお問い合わせください。

実績

  • 2015年度 110
  • 2016年度 110
  • 2017年度 96
  • 2018年度 93

医師紹介

─下肢静脈瘤 血管内焼灼術 実施医─

山田 武男

やまだ たけお

外科医師
昭和52年 信州大学卒
専門領域:血管外科 消化器外科 乳腺外科 一般外科

下肢静脈瘤は昔から血管外科領域では一般的な疾患でしたが、以前の治療は広範囲の静脈抜去(ストリッピング)が主流で、約1週間ほどの入院が必要であったため、あまり積極的に手術は勧めませんでした。当院赴任後20年間の手術件数は年間数例でした。
2014年から、血管内ラジオ波焼灼術を開始してからは、「痛くない検査・治療」が提供できるようになり、積極的にラジオ波治療を勧めています。「簡単に治るのなら治療を受けたい」と言う患者さんも多く、年間約100例、今までの治療件数も400例を越えました。

山中 康詩

やまなか やすし

外科医師
平成24年 東京医科歯科大学卒
専門領域:一般外科

安全な下肢静脈瘤治療を通じて、地域の方々のフットケアに貢献していきたいと考えています。
【経歴】
医科歯科大病院、北信総合病院にて研修。当院循環器内科および外科、長野赤十字病院心臓血管外科を経て平成30年7月より現職。

Q&A

Q1.都内では日帰りで治療できるところもあるようですが…
回答内容

都内の専門クリニックなどでは、日帰り手術が主体ですが、手術翌日にエコー検査のため外来受診をすることが多いです。当院では、手術時の麻酔も局所麻酔と静脈麻酔の併用で、眠っている間に手術は終わり、手術後は安心して過ごせるように、1泊して翌日エコー検査後午前中に退院していただいています。
ただし、諸事情により入院が困難な場合はご相談に応じでいます。

Q2.ラジオ波治療で静脈瘤は消えますか?
回答内容

静脈瘤になっている静脈は、元々は普通の正常な静脈で、弁不全による逆流を止めると縮小し、元の正常な静脈に戻ります。元に戻るのに3~4ヶ月要しますので、目立つ静脈瘤を早く何とかしたいという方は、小切開静脈瘤切除法(stab avulsion)を併用することにより、手術直後から小脈流を消退させることもできます。